menu

株式会社上村製作所

〒614-8105
京都府八幡市川口擬宝珠9番地

TEL.075-982-2931

アルミに傷が入ったら場合の修正方法?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アルミブラケット

おはようございます。溶接管理技術者の上村昌也です。

A5052 BRACKET アルミ溶接品

アルミ溶接品のご案内です。
A5052 T=10mm レーザにて外周及びパーツを切断しました。
ジョブショップは最新式の加工機を導入しているので10mmまでなら
比較的きれいに切断できています。

とはいえ、若干外面等は手を入れてきれいに仕上げる必要があります。
ダブルアクションサンダーにて全体を研磨しまして、傷、バリ等を除去し
鋭角部をなくす作業をしています。

この後、溶接作業にかかるわけですが、アルミ板が汚れているので
アセトンで洗浄します。アルミ溶接で最も大切な前処理を手を抜くと
溶接欠陥が発生し良好な溶接ビートが得られません。

ワークサイズは450×275 パーツ自体は小さいサイズなので、余熱なしでも
十分可能ですが、少し熱を加えてやると、低電流で溶接が可能となるので
変形も少なくて済みます。

溶接電源         : Panasonic YC-300BP4
出力電流         : 交流
交流周波数   : 200Hz
パルス            : NA
パルス周波数    : NA
パルス幅          : NA
電流               : 180A
パルス電流       : NA
シールドガス    : He+Ar
タングステン    : 純タン 3.2mm
溶加棒             : A5356BY 2.4,3.2mm
バックガス       : NA
予熱                : ○

アルミブラケット

アルミブラケット

A5052 アルミブラケット

A5052 アルミブラケット

A5052 T=10mmアルミ溶接品

A5052 T=10mmアルミ溶接品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。